トップ

交通事故の過失割合

交通事故の過失割合とは

被害者にも過失が認められる場合

交通事故が発生してしまうと、当事者になった人たちは大きな損害を被ることになります。自分に非が無いと思う場合には、相手に対して責任を追及しようとするでしょう。
しかし、交通事故においては、一見すると被害者に非が無いように思えても、僅かな過失が認められてしまうケースがよくあるのです。

事故当時の被害者と加害者の状況から、それぞれの過失がどのくらいの比率なのかを決めることになります。その比率のことを過失割合と言います。その過失割合を巡って揉めるケースが多いです。
交通事故の相談で弁護士をお探しの方におすすめサイト。

過失割合のことで揉める主な理由としては、損害賠償の金額に影響するということが挙げられます。過失割合が10対0の場合には生じた被害の全てを加害者に賠償させることができますが、8対2のようなケースにおいては生じた被害のうち8割までしか賠償請求できません。つまり、過失割合がそのまま損害賠償の割合になるのです。

過失割合の基準は歩行者が自動車やバイクに対して有利に扱われる傾向にあります。そのため、自動車を運転していた人が加害者で歩行者が被害者の場合には、加害者の過失割合が100パーセントになる例もあります。

しかし、両方とも自動車の場合には、よほど極端なケースでない限りは、加害者の過失割合が100パーセントになることはありません。お互いに納得が行かず、示談交渉が難航するケースもよく見られます。自動車同士で衝突したような事故においては、どちらが被害者なのかを判断するのも難しいケースが多いでしょう。

過失割合が決定される際になるべく有利に事を運びたいのであれば、早い段階で弁護士に相談しておくといいでしょう。交通事故に強い弁護士に相談すれば、示談交渉が上手く行って主張が認められることが多いです。