トップ / 過失割合は誰が決めるか

交通事故の過失割合

過失割合は誰が決めるか

過失割合は保険会社が決定する

過失割合は損害賠償を請求するにあたって、かなり重要なものと位置づけられています。交通事故の示談交渉で揉めるのは、ほとんどの場合、過失割合に納得が行かないというケースです。では、この過失割合は誰が決定するのか気になる人も多いでしょう。

交通事故が発生した場合、事故の当事者には警察に連絡をする義務があります。どのような状況で事故が起きてしまったのか、加害者も被害者も警察に詳しく聞かれることになるでしょう。警察では、両者の言い分や事故現場の状況を元にして事故証明を作成します。この事故証明は、保険金を受け取る際に必要になるのです。そして、事故証明の内容を元にして、保険会社が過失割合を決定します。

警察に詳しく事情を話さなければならないことから、過失割合は警察が決めていると思ってしまう人もいるでしょう。しかし、警察は民事不介入を原則としています。そのため、事故証明を作るだけで、過失割合の決定まではしていないのです。損害賠償請求は民事上の請求であり、警察は基本的にノータッチということになります。

保険会社は、過去に起きた似たような交通事故の例を参考にして過失割合を決めることが多いです。
しかし、書類上酷似した内容の事故であっても、実際の状況は異なることが少なくありません。また、似た内容の交通事故でも、個々の事故ごとに過失割合に差があります。

保険会社では、そういった事例の中から都合の良い事例を選んで当てはめることもあるのです。保険会社にとっては、加害者の過失割合が低い方が支払う保険金の金額が低くて済みます。そのため、加害者の過失割合をできるだけ低く認定しようとすることが多いのです。このことは、被害者にとっては、請求できる損害賠償の金額が低くなってしまうことを意味します。